ブログ - 最新エントリー

学歴掲載は差別である

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-7-23 9:37

  パワハラ、セクハラ、モラハラ、そして名誉棄損などにマスコミは過敏になっているが、学歴に関しては無頓着である。というより肩書に必ず掲載し、重要事項にしている。ここでもしわたしの身上が中卒だと無断で掲載されたとすれば、そして名の知れた者であれば、わたしの経歴は大きな痛手をこうむることになる。そればかりか傷をつけられることになるであろう。無断で掲載しているのかどうかはわからないが、学歴蘭が空白であれば、中卒あるいは高卒はないか?と疑われるかもしれない。こうなると学歴は身分の証明にも関連することになる。

 いちおう、わたしは大卒であるであろう。というのは入学式にも卒業式にも出なかったが、学費は払っていた。その大学に入ったことですごい絶望感を抱いていたのである。臨時の肉体労働でこれまで生きてきて、いろんな人間にあってきたが、中卒の人に会って、自分より優れていると思ったことは何度もあった。

 学歴は差別なのであり、日本が太平洋戦争に負けてもその考えは変わらない。今の日本は誰の子にうまれるかによって人生が決定されるということも変わりはしない。貴重な能力が失われていることに気づかねばならない。

 メディアは学歴掲載をやめろ!と言いたい。あなたたち自身が差別をしていることに気づくべきである。

文字は殺し、霊は生かす

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-7-22 8:25

  昨日の日曜日は、日曜礼拝で、この文句の説教があった。

 自称小説家のわたしは、(コリントの信徒への手紙3・4・11)にある聖書のこの言葉を聞いて思い当たることがあった。言葉というものの不思議さとその力である。小説作品のその場面でどんな言葉を出すかはむずかしくてやりがいがあり、的確な言葉が出ると満足し、不適格の言葉しか出ないときは自信を失う。プロの作家もそうであろう。最近の小説は単行本にするのにページ数を要求されるせいか無駄な言葉や安易な表現が多すぎる。それでは作家は大量活字生産者になってしまう。なってしまっているかもしれない。消すことによって書く、と習ったわたしには書き込み過ぎることによってますます臨場感から遠ざかってしまうことがわかる。

 例えばセクハラだとかパワハラだとか発達障害とかの俗語で形容したとすれば、その場面やキャラクターはその言葉に閉じ込められて殺されてしまうのである。文学作品ではなく、単なる俗文になってしまう。聖書のその部分は伝道で使う言葉が人々を神から引き離すことになったと述べている。

 言葉は道具であり、本心を現せないから、霊の世界に戻るべきだといっている。言葉になる前は想いいであり感情であり夢・希望であったものが言葉に変えられたことで本質を失うのである。異言や聖霊が消されていくのである。

 だが?と考えた。

 日本古来からある言霊はなんであったのだろうyか?

 言葉に霊が宿り、信仰にまでなっているのである。ふしぎなことである。これからその謎を勉強しようと思う。

彼女は生きてもいるし死んでもいる

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-7-19 7:53

  図書館の読書会に入っていて、毎月出された小説の感想をしゃべり合ってる。小説を書いているのですごく良い勉強になっていて、入会時の自己紹介で住所と名前を言うと、(有名な方ですね)と見知らぬ主婦が言い、おどろいてしまった。有名になることはしていないつもりであったが、思い返せば噂になることはある。

 なぜ有名なんですか?と聞いてみようと考えていたが、彼女は先月、来なかった。

 (有名な出来事)について、考え、作品にしようとしているのである。四十年前、知り合いの男の女が、海に飛び込み自殺をしようとして、三度も家出し、わたしの住まいにやって来た。知り合いの男は出張して不在で、自分とその女との二人だけの生活が、合計するとおよそ一か月続いた。女と決着をつけると言ったその夜、知り合いの男は約束の時間に帰って来なかった。女と二人で電気炬燵で向き合っていたその時間、それは今思い返せば魔の時間であった。その時間に男は忍び足で帰って来て、抱き合っていた二人を怒鳴りつけ、女を連れて自分の部屋に行った。そして、続きをやりはじめたのであった。隣の家の主婦も叫びを聞き、出来事を知っている。

 男と女は別れ、知り合いの男は暴力沙汰を繰り返し、措置入院になった。四十年間も閉鎖病棟に入ったまま、わたしのせいでこうなった、と言い続けていて、パーキンソン病?にかかり車椅子の生活になっている。

 私の人生の中で最悪の出来事の一つであるが、そこには重大なテーマがひそんでいて、死ぬまでに書き終えることが出来るかどうかわからないが、取り組んでいる。 

 彼女は何度か電話をかけてきたが自分が不在であったこともあって、それっきりになってしまった。今どこに住んでいてなにをしているか?知りはしない。わたしは77歳なのであと何年いきるかわからないが、会いたい、と想いながらこのままこの世から消えそうである。

 今、彼女はわたしの心の中では、生きてもいるし死んでもいる、のである。心の奥底に閉じ込めたまま、会いたいときに思い出す、のである。まさにシュレディンガーの猫のように、生きてもいるし、死んでもいる。

神はサイコロを振らない?

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-7-15 6:56

  この言葉は有名な物理学者であるアインシュタインが、量子力学の考えに反対して放った有名な言葉である。量子力学はシュレディンガーの猫のたとえ話にあるように二者択一的な考えを否定している。毒ガスの出る箱に閉じ込められた猫は、今、生きているか?死んでいるか?と問われて死んでもいるし生きてもいると答えるのである。だが、既存の物理学はすべてを因果関係でとらえるのでそんな考え方はしない。量子力学は生と死の区分けをしていないのではなく、その両者が重なり合っていて、一方が現れるか現れないのか?と違いでしかないと言ってる。

 神はサイコロを振らない、という言葉はすべては因果関係通りに進み、神のいうことをきかない人間は結果として罰を受けるといい、神を信じろといっている。

 だが、すべての事象が因果関係の通りに進んでいれば、すべてに予測が立ち、地震も戦争も経済破綻も殺人も起こらないはずではないか?だが現実は秩序と因果関係の構造が壊れ、地震が起こり、戦争はなくならず、経済破綻が起こっている。因果関係の(破れ)である。自然現象にも恐竜はなぜ絶滅したのか?のように謎が多く、隕石がいつ落ちてくるのかもわかりはしない。

 けっきょく、神はサイコロをふるしかないのである。

枯れてなほ紅差す頬のトマトかな

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-7-5 18:36

  屋敷の草刈りに追われて、野菜に手が回らなくなった。産直に出すのはレモン、栗,柿くらいで野菜は食べる分しかつくっていない。とまと、オクラ、スイカ、キュウリ、ナス、ピーマンなどを数株植えているが、自分の子供の成長を見るようで楽しい。今年はスイカを食べにアナグマが来るのではと予想して、一つだけ実をつけた西瓜に厚地のネットをかぶせてやった。二年前は十株ほど植え、スイカが何十個もできたが、カラスに突かれ、アナグマに食われて散々な目に合った。去年はどちらも来なかったので今年も来ないでくれと言いたい。

 三株ほど植えていたトマトが実をつけたが、一株だけどうしたわけか、枯れ始めたのである。根腐れ病にかかったみたいであったが、日に日にしおれていき、見るのが淋しくなった。ところが残った実は熟していくのであった。まるで老婆がしおれていくのを見るような気持になったが、実は紅を刺すように赤く熟していくのであった。食べて見ると、完熟ではないので渋かった。

 まだ成長してないから、赤く熟してから食べてね!トマトはそう言っているのである。人間の心と同じではないか?と思う。トマトにも人と同じ心があるのである。子猫の動画をよく見て楽しんでいるが人間の心とそっくりであることがわかった。人権、人間への尊厳などというが、動物・植物にだって同じ生きる権利がある。草にだってそうである。

 自然に恵まれた生活をしているのでどこにも出かける必要はない。感謝すべき生活である。

ススキノ首切り事件

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-7-4 9:02

  先月、この事件の公判が二度開かれ、修被告、浩子被告の証言で見えなかったことが見えてきた。あとは八月の公判で瑠璃被告が証言し、全容がおよそ見えるであろうが、それにしても言葉通りの猟奇性に満ちている。

 自分の体験との関わり合い、身近な人間との関連性など好奇心がふくらみ過ぎていくのである。父親の修被告、妻の浩子被告が娘への溺愛のあまりあんな事件になってしまったこともよくわかったが、瑠璃被告の殺人行為の真相は八月の公判でわかるであろう。

 ここで問題にしたいのは瑠璃被告の異次元世界のことである。瑠璃はすでに死んでいる、ちがう人間で生きていると言い、死んだ人間がゾンビになって自分と一緒に生き、生活していると言う妄想である。これは異常だた考えていたら実は宗教の世界の考えと共通している。自分が今通っている教会では、見えない世界にこそ真実があり、そこで生きるべきで、現実は仮想にしか過ぎないと言う。見えない世界とは霊の世界なのである。信者たちはそれを信じているし、まだ信者になりきれていない自分もやがて信じるようになるであろう。

 だから、瑠璃被告は突拍子もないことを言っているわけではない。今、AIの小説を読んでいて、そこでも考えさせられることがある。それは2040年の近未来の作品であるが、そこで描かれているAIの世界はすでに迫っているのである。宗教も含めた仮想現実が科学的に解き明かされていくに違いない。

 そうなると、これまで霊の世界に閉じ込められていた死者たちが生きた者として復活するかもしれない。キリストが磔刑で殺されながら、復活したそのことが現実もものになるかもしれない。

エアコンが熱中症を生む

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-6-22 18:36

  先日、大手スーパーに仕事で入ると、もうこんな時間から仕事ですか?と若手従業員が声をかけてきたので、家にいると熱いからね、ここはエアコンが入っているから涼しいんよ、とこたえてやった。えーまさかエアコンがないわけじゃないでしょう?、金がないから買えないし、なくても扇風機でじゅうぶん、と答えてやると不思議と言うより不審な顔を浮かべた。

 そのことを思い出してこの日記を書いているが、この二、三日、閲覧者数が日に二千件ほどにもなっておどろき、死んだが勝ち、というこの前のブログが人気になったのか?と考えながら、レア・変人の考えに精を出している。

 どこに行ってもエアコンがはいっており、もしなければ犯罪者に近い迫害を受けそうな気がする、変な時代であると言う考えは出ず、、ファシズム的な時代である。異端たちは追いつめられて破壊衝動に駆られるのは当然であろう。それはエアコンだけの分野にとどまらず農薬使用など限りない分野にまたがっている。文明病なのである。

 五十年ほど前、エアコンがなかった時代、その頃は運動場で子どもが日射病にかかって数人倒れたというニースはでていたが、今の時代は熱中症で倒れ、救急車の搬送が間に合わない、数十人が死んでしまうのである。

 わたしは大手スーパーで三時間、一万歩、歩きっぱなしの労働をしているが、休みの日は草刈り機で刈らないと家が草で埋まってしまうのである。近頃は膝を大事にしなければ歩けなくなると考えて、ニ、三時間の労働で済ませているが、汗まみれになり首タオルはびっしょりになる。

 それでも熱中症にかかったことは一度もないし、スポーツ選手や戸外労働者がかかったと言う話も聞いたことがない。エアコンの生活をしていると、交感神経・副交感神経の働きが鈍くなり、体温調節が出来なくなって熱中症にかかるのである。だが、なぜそのことを訴えて、エアコンの使い過ぎに気を付けましょうという注意をだして防ごうとしないのであろうか?電力の使いすぎにもなっているではないか?

 政治の公約にも出す政治家もいないし、政治家はどんな公約を出せば当選するのか?としか考えていないようである。だからこんなj国ができてしまう。

 ひと夏エアコンのない生活で、扇風機だけですごしてみませんか?快適ですよ。たまには手・扇風機→団扇を使ってみましょう!

死んだが勝ち

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-6-20 7:16

  週に一度、要介護者の家に弁当を配っている。昨日、仕事前に仲間たちと雑談をしていたら、妻の母が癌で死にかけているが世話が大変で本人も苦しんでいると言う。慰めたり助言をしたりしていたが、わたしは、死んだが勝ち、という言葉が口を突いて出た。するとまわりは黙り込みながら、一理はある、という雰囲気になった。

 二十年前、宗像市の自由が丘団地を集金で回っている時、その言葉をいつも出していた老婆がいたが、すでにその人は勝ち組に入って、もうしめたものだとほくそ笑んでいるであろう。自分はあの頃は仕事もバリバリやって金を稼いでいたが、今は生活保護受給寸前の生活になってしまった。足が痛み、歩けなくなるのではないか?という不安がいつもある。

 国政の選挙、都知事選挙、アメリカ大統領選挙と目白押しであるが、安楽死のことはタブーであるから誰も言わない。本当の政治家であればいうはずであるが、ブローカーたちにとっては禁句なのである。

 特に日本人は戦争にやられて以来、絶対に死を認めなくなった。死そのものさえその必然性、存在すら認めようとはしない。昔は死んだが勝ちという言葉はほぼ日常的に使われ、そこに救いを見出してもいたのである。死は生まれ変わるためにも必要なのである。聖書にも、一粒の麦、と言う言葉があり、死を肯定している。これは死は神からの罰であると言う考えと矛盾するのであるが、言葉はそのまま残している。

 特に死を待っている自分などにとっては、いつどのようにして死ぬのかわからないこともあって、切実なテーマである。死に対して決着をつけてくれる人が出てくるのを待ち望んでいるのは自分だけではない。本当の政治家が現れて、実現してほしい。

 もう一つは少子化の問題である。妊娠したり子を産んでも育てる自信のない人の子は国や行政がひきとって育てるべきである。そうすれば堕胎も減り、人口減少に役立つはずである。

 本当のことを言う政治家がうまれて欲しい。

  昨日は宗像市の産直店に行って、もみがらとヌカを五袋づつ置いて来た。三百円で出していたものを四百円にしたせいか売れ行きが悪くなっているが、月に二万円ほどの貴重な収入源である。それから、そばのカラオケボックスに行って歌って、来た。自分の住む街にはカラオケ店が消えてしまい、淋しいばかりである。恋人よ、天空の城、北の浜唄、を歌い録音して聞いた。恋人よ、は自分の持ち歌にして、発表会で歌って挑戦してみようと考えているが、ともかく歌いにくく、いつも自分の力を作り上げる気持ちである。帰宅して、草刈りを一時間ほどして、入浴、夕食をとった。

 今日の明け方、夢を見た。いつものように夢の中でNHKの集金業務にはげんだわけである。福津の住宅街でたずねたあのおばさんに会って来た。主人の暴力から逃げて、その家に住んでいた人で、主人は特攻隊員であったが、戦後のそのころまで覚醒剤を打ち、暴力をふるったと言う驚くべきことを話してくれた。テレビはその時にはなかったが、まだテレビは買っていません、と何度も、NHKに電話を入れてくれた。

 テレビを買ったので契約しますと、電話があったその日、行った。

 手続きが終わると、あなたは腰痛があると言っているから、お灸をしてあげましょうか?と言い、布団を敷いてくれたのであった。時間を食いそうだったので、お礼を言って、帰り、受信料は口座払いになってしまった。行く理由がなくなったが、気になっていた。あの時、もし、布団の上に横になって、彼女が体を寄せてきたら?どうなったか?

 それが気になっていたが、そのうち忘れてしまったが、主人が特攻隊員で暴力をふるったとか、お灸をしてあげましょうか?と言う言葉は絶対忘れなかった。

 振り返って見ると人生の半分以上は夢の中にいることがわかる。

 こんな短歌をつくってみた。

 紋白やまつわりながら花めぐり草の臥所に月夜こぼるる

不幸はいけないことなのか?

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2024-6-8 14:02

  人間の不幸は、不幸はいけないことだと考えていることから生じている。不幸でも良い!と考えられれば不幸はなくなるのである。警察に逮捕された重大犯罪者でも、平然としている者がいて、それが不幸だと認識するのは見ている者が不幸だと思うからにすぎない。当人の心内の反映なのである。それは現象学からも導かれるし、ほとんどの人は世間の価値基準に支配されているにすぎない。

 かくいう自分の現状は、誰が見ても不幸であるし、自分がそれに支配されていると気づく余裕はないことが多い。だが、一歩振り向いて、冷静にみれば不幸でもないことに気づく。妻子が去って独りぼっち、国民年金と月に五万円ほどのアルバイトで食いつないでいる老男が幸福であってはならないのである。

 が、最低限の金で生きている。生きていることはまちがいないのである。

 (恐怖の報酬)という外国映画があったが、ポンコツ車を運転して、ただでもらうもみ殻やヌカを運ぶときはいつもその映画を思い出す。走行距離が十万キロを超えるとタイミングベルトが切れても保証はしません、とメーカーが言い、その車のハンドルを握って道路を走っているのである。タイミングベルトが切れて走行中に突然止まったらどうなるか?考えただけでも震えるのであるが、交換する金の五万円がないのである。(恐怖の報酬)はニトログリセリンを積んで砂漠を走る映画であったが、それに近い恐怖である。

 だが、最近は、どうなってもいいや・・・、と言う考えが湧き、少し鈍感になって来た。そして、そのうち、車が道路の真ん中で立ち往生するかもしれないが・・・。

 五万円の金が入って修理をしたとしても、今度はちがう悩みが生じるに違いない。堂々巡りに過ぎないのである。神よ、我に不幸を与えたまえ!

 

 

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2024 7月 » »
30 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 1 2 3
アクセスカウンター
2024/07/24:135/173
2024/07/23:227/1511

2024/06/24より2376/12532