• カテゴリ 日記 の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 日記カテゴリのエントリ

右翼も左翼も同じ穴のムジナ。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-24 7:42

  池田市の市長が役所にサウナを持ち込んで使用していたことがニュースに出ていた。維新の党に所属しているとのことだが、そんなものだろうな、と思った。撤去するというが、設置費用は誰が出し、撤去費用は誰が出すのか?不審に思った。

 わたしは大学時代に左翼にかぶれたことがあり、左翼は正義で右翼は悪だ、という先入観が入ってしまっていたが、今では右翼も左翼も根は同じだと考えるようになった。

 某左翼政党に入った時であった。ポスティングや街宣活動、勧誘活動をし、週に一度の勉強会にも通った。ところが、内部の実体が見えてきた。下っ端はその活動に加えて、新聞購読、資金カンパなどで毎月、一万円ほどの出費になるのに、東京の幹部は年収二千万円とか、最高幹部は別荘まで持っていて使用人が何人もいるとネットに出ているのを知った。

 それに,この政党は批判的な言葉を出すと、反党的だと言うのであった。言論の自由がないことを知って脱党した。

 話は変わるが、ある年金関係の団体のことになる。自分は代議員を務めているので、先日、定期大会に参加した。いろんな意見や話が出た。みんな積極的に活動していた。そこで自分の意見を言った。楽しい組合にしよう、と言うのは良いが、コロナ事変が起こって失業者も増え、生活が苦しくなっているのだから、相互扶助の精神の方が大事なのではないか?この組織でも高額受給者と低額受給者の格差は二倍以上になっているではないか?大企業に内部留保金を吐き出せ、と言うのであれば高額受給者が低額者に金を回すべきではないか?と発言した。すると、それは運動論としてまちがっている!という発言があり、どういうことだ?と言い返し、議論の場に出そうとしたら時間が来てしまった。委員長は良い考えだ、ここでは資金カンパもしています、と答えた。

 やはり、であった。丸山真男氏が、現代政治の思想と行動と言う本を戦後出版し、評判になった。そこにはホームレスの世界も一般大衆の世界も会社、団体の世界も暴力団の世界もその構造は同じであるということであった。

 右翼も左翼も同じ構造なのである。

 

恵雨庭地を撫でて雀跳ぶ

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-22 8:07

  今日は何もしなくてよい日になった。小雨が降っているので、庭仕事はないし、スーパーの籠の整理も、弁当の配食作業も、産直出荷も休みである。布団に寝転がって、庭を眺めたり、ラジオを聞いたり、考え事をしたり、庭に出てギンナンを拾ったりしていれば良い。

 日照りがつづいたので恵みの雨であり、野菜も草も喜んでいる。雨は雑草にも野菜にもレモンにもスズメにも等しく恵みを与えてくれる。これこそ、神、であるが人類は資本主義の発達とともにないがしろにしてきて、コロナによってしっぺ返しを受け始めた。

 磁力は霊魂である、というターレスの言葉を前回、引用したが、物質と心の関連は天才物理学者・ロジャー・ベンローズなどによって一時さかんに取り上げられ、本になったが、近頃は立ち消えかかっている。これが本格的に証明されれば宗教、精神医療、マスコミ、教育など多方面が打撃を受け、潰れる可能性が出てくる。言わば危険な思想なのである。それらの分野は業務上の話が難しくなれば、心、という摩訶不思議な分野を持ち出して責任の転化ができたが出来なくなることになる。自分達の実体が暴露され、立ちいかなくなってしまう。

  恋愛だって、男女の元素の化学反応だと言われれば、すごく単純になり、文化さえ成立しなくなるであろう。自殺願望だって、ウツ虫がうごめいているだけで、二三日絶てばソウ虫の出番がやってくることがある。陰と陽、+と-が周期的に入れ替わっているだけのことがある。

 さまざまな出来事はデジタルで細分化するから混乱するのであり、単純化して哲学化すればたわいのないものかもしれない。ものごとを難しくして、仕事をつくっていくのが資本主義の宿命なのである。

 

 

死んだように生きる、といった女2。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-20 20:19

  その体験を親しい者に話して、あたははどう思うか?と尋ねると、若い女とそんなことができて羨ましいとか、あんたはスケベだ、なぜ、手を出したのか?など自分の意図とは異なる返事がかえってきた。普通の男ならこんなスキャンダルを公開したりはしないのに、なぜ、公開するのか?という言葉もあった。

 自分の人生にはいくつかの謎があり、今でも、解けないでいるが、この出来事は最大の謎でもあるのだ。

 なぜ、寒いからこちらに来ない?と誘ったのか?誘えば男女の関係に進むのではないか?それくらいのことはわかっていた。では、なぜ、言葉に出したのか?意識ははっきりしていたから、幻想の中での出来事ではない。現実感を失ってはいなかったのに、なぜ、あんな危険な言葉が出たのか?男に殺されても不自然ではない状況なのであった。

 精霊が言葉を出した、と言えばば少しは理解出来る。もう一人の自分・自我が言葉を出した、と例えればわかるかもしれないが、わたしたちは一生、自分の意志のとおりにしゃべり、動くわけではなく、自分以外のものの力によって動く場合がある。心臓や腸、内臓などは自分の意志とは関係ないものの指示・力で動いている。

 今、書きかけている小説が難関にぶつかって、すすまないでいる。(磁場)というタイトルであるが、そこにこんな言葉が出てくる。(磁力とは霊魂である)、これは古代ギリシャ哲学者のターレスが言った言葉であり、そこに謎の答えが潜んでいるのではないか?

  つまり磁力のせいで男女の結合にすすんだのであり、また磁力は霊魂でもある、ということである。古代ギリシャは哲学、宗教、科学が一つであった時代であるから、それが分離した現代にはない真理を潜ませているのである。

死んだように生きる、といった女。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-20 5:56

  およそ四十何前の出来事が、私の瞼の裏で、昨日の出来事であったかのように行きつ戻りつする近頃、わたしはY子への手紙を書いたまま、封をせず、置き放している。その住所に住んでいるかどうもわからないが、何らかの手掛かりになると考えていた。

 四十年前、何もできなかった失意のうちに東京から引き揚げ手来たものの、職はみつからず、家に籠っていた。そこに、知らない女からひんぱんに電話がかかってきた。身内の男の女で、冷たい彼との付き合いの打ち明け話であった。わたしはよく知っている男なので相談にのったが、彼と自分とは犬猿の仲であった。

 それから、彼女は彼と話をつけるために家出をしやってきた。私の家の近くの海に飛び込み自殺を三度、企てた。三度目は男が飯場暮らしのために出かけていた時であった。わたしは車で女を迎えに行き、家に連れて帰った。

 彼女は、もう、これからは死んだように生きる、と言い、振り返ってみると、自分が19歳の時に自殺未遂をした時に思い浮かんだ言葉と同じであったし、彼女も19歳であった。

 彼女との生活がはじまった。箱入り娘、として育てられ、料理の一つもできなかったから、わたしは食事を作り、鉄釜の風呂を沸かした。男は一週間も彼女を放置し、彼女の自殺の原因は、男から、おまえがいつまでも付きまとうから、おれはなにをやってもだめになる、といった言葉であった。

 男が女と話をつける、と言った約束の日、彼は一時間たっても帰って来なかった。

 わたしと女は小さな電気炬燵に入って、黙りこくっていた。凍り付くような寒さに体が震えていた。

 いつまで経っても男が返って来ない焦りと苛立ちに、時間を持て余していた。

 (寒いね。こっちに来ない?)

 何気なくはなったというしかないその言葉に、体に火がついた。抱き合い、駆け落ちするか?と言うと、そんなことしたらあいつはどこまでも追いかけてくる、女はつぶやいた。

 そして、裏口から足音を忍ばせて男が帰って来た。

 (なにやってる!俺の女に手を出しやがって!)

 男は叫び、こっちに来い!、という言葉に女は立ち上がり、男の部屋に行った。

 そこで、また、火が燃え始めた。

 耐えられない叫びを何度も耳にし、止めてくれ!と言って部屋に入ると、男は全裸で、女は布団をかぶって体を隠していた。

 それから、男は女はほったらかしたまま、飯場に戻り、自分と女との生活が戻った。

 何とも言えない日々であった。苦しくもあり、心があふれんばかりに豊穣になった日々であった。

 二人は、一週間ほど、過ごした。同じように食事をつくってやり、鉄釜の風呂を焚きものでわかしてやった。

 もう女を抱く気にはならなかったが、ある瞬間、女は身動きの出来ないほどわたしを抱きしめた。実家に帰ることになっていた。

 女は男に連れ添われて、実家に帰った。

 それから自分は婚約者と結婚し、男は暴力事件を繰り返し、精神病院に入った。彼は四十年たっても、閉鎖病棟の中でわたしを憎んでいる。

 これは自分の人生の中で最大の出来事であり、未だに自分の心の決着がつかないのである。

 

この世からの卒業。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-18 10:11

  日本人はおよそ八十年前、太平洋戦争でアメリカに惨敗して以来、日本精神をすっかり失い、アメリカの被占領国になったままであるるが、こんな国は珍しい。当時の超国家主義・軍事体制が国民に天皇崇拝を強制し、死の美学や神道、武士道などを利用して洗脳し、神風特攻隊を生み、数百万人の国民を犠牲にしたので、日本人は日本精神を徹底的に否定し破壊したのである。

 今では民主主義体制のもとで平和・非暴力を唱え、物質的な快楽に酔っているが今回のコロナ事変(革命)で大きく変わらざるをえなくなっている。どのように変わるか?と言えば、自然回帰だと思う。家庭菜園づくりがはじまり、若者は田舎の山を買い求めはじめたのである。

 この流れは自然を神とあがめる神道の方向であろう。キリスト教は一神教であり、自然は神がつくり、人はその管理をして楽しく生きていきなさい、と説いているが、その排他性、人間中心主義が弊害をうんでいる。戦争を絶え間なく起こし、環境破壊をやったあげく、食糧危機におちいり、コロナを森から追い出して、人間に敵対させたその罪をどのように考えるのか?ローマ法王にたずねてみたい。

 多神教で自然を神とする神道の時代がやって来るにちがいない。

 今日の毎日新聞の人生欄で、高橋源一郎さんが答えていた。21歳で息子に自殺された母親に対し、息子の自殺はたいへんなことだったですね、という言葉から気を落とさないようにと励ましている。大学

名誉教授である彼は自殺を認めるような文章は絶対に書けないし、それは今の時代において著名人たちのとってもタブーなのである。

 自称・作家のわたしは少し違う観点からとらえている。

 そこで、深沢七郎の小説、(楢山節考)を思い出す。書き出しはすごい!の一言である。姥捨て山に自死をしにいく、おりん婆さんが、今日は楢山詣りに行ける日だと、楽し気につぶやくのである。どんな天才的作家でも書けないし、考えつかないが、これは深沢氏の感情が移入され、彼にしか書けない文である。それから先も読んでいて、悲惨さはまったくなく、すらすらと読めて、その後に深い感慨に陥る。

 この世から消えるのではない。ちがう世界に旅立つ、と考えれば、そこにはたぶん、極楽浄土の考えも移入されているに違いないが、楽しい気分になれるであろう。そんなことを書けば危険思想としてすごいパッシングを受けるに違いない。

 さて、この世はどのように動いていくか?十年後に、この世から卒業予定の自分は見極めたい。

 卒業できずに留年することだってありえるが、それはそれで良いことである。

  夢や妄想、酩酊、薬物乱用、臨死体験、信仰だってこの世からのタイムスリップであり、わたしたちは日常的に経験しているが、本格的に異次元世界に行くのである。どんな世界なのか、戻って来た者はいない・・。最初で最後の冒険が待っている。

 

 

 

自殺しなくとも死はやってくる2

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-16 20:15

  死ななかった人生を生きてみて、振り返ると、ほんとうに良かったとつくづく思う。後はお迎えを待てばいいだけで、それは無理をして自分を殺す手間が省けたというものである。

 まず、女達との出会いがあり、恋愛、セックスに日々を過ごした。悩みは生じても少々の味付けとなって無尽蔵の快楽をいただいた。テクニックは上達し、何時間でも絶頂感を得る境地まで達し、夜が明けるまで頑張ったこともある。

 映画を見、小説を読み、音楽を聴き、ハイキングをして、人間として生きている官能を堪能した。酒を飲んで騒ぎ、煙草を吸い、物思いにふけった。

 35歳の時、自殺願望の女とぐうぜん、知り合い、三角関係にはまって、何とも言えない経験をした。

 36歳の時、何十万人に一人、というレアな女と結婚し、二人の息子をいただいた。

 NHKの集金業務につき、バイクで福岡県内のありとあらゆる地域を訪れ、何千人もの男女と顔を合わせ、金を稼がせてもらった。

 65歳の時、心筋梗塞を起こし、死にかけたが、バイパス手術で命を取りとめた。その頃、退職したが、経済苦に陥り、アルバイトで食いつなぎながら現在、まだ生きている。

 以上が概略的な人生であるが、その活字の奥には様々な光景や出来事が錯綜して重なり合っていて、平行宇宙のもう一つの世界で生きている。もう自分は自殺することなどはない。死ねば違う世界に行けると、信じているのでその世界にタイムスリップして、生きていきたいと思うだけである。

自殺しなくとも死はやてくる。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-13 5:41

  およそ55年前、19歳の時、自殺をしようとして、家出をした。高校の修学旅行で楽しかった箱根に行って、山を、彷徨した。別荘やトイレで寝泊まりして芦ノ湖の湖面を観たり、そのホテルから流れる、ブルーシャトーの曲を耳にしながら、三日目に、睡眠薬とウイスキーを飲み、トイレの中でロープに首をかけた。ところが、酔いもしなければ、首にロープをかけた自分の姿がいつまでもあるばかりであった。虚しく、ばかばかしくなった。二次志望の大学に落ち、自律神経失調症になって頭がぼんやりし、便秘症になり、ドモリは治らず、両親は喧嘩ばかりで、最悪の状態だった。

 無理に死ななくても、交通事故で死ぬか、年取って死ぬんじゃないか、人生とはそれを待ってるようなもんじゃないか?それまで生きてれば良いのさ。

 そして、55年後の今、9月の女性の自殺者が28%増えて1805人になった、とニュースに出ていた。コロナ事変が大きく絡んでいるが、胸が痛み、55年前の自分を思い出す。今の自分は、生活苦と孤独がからんで死にたいと思うことがあるが、(自殺しなくとも死はやってくる)のである。辛抱するほどの期間でもないが、若い人にとっては耐えられない時間なのである。

 その55年間の間、失うはずであった人生の価値、知り合った男女、苦楽は計り知れない。趣味の小説の中に生かしたり、思い出したりしながら、それは、大事な宝物なのである。

 あわてて自殺することはない。楽しみは待っているのである。

女が欲情する時。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-11 9:28

  男と女のミスマッチ、という本を書いてみたいほど、両者には溝があり、それがトラブルの弊害をうんでいる。それがわからずに、いい歳をして、恥ずべき犯罪を起こしたりして、マスコミの好餌になってしまう。

 だが、女だって欲情するのである(この表現は差別的だと糾弾される可能性があるので便宜的に書かせていただきます)。それが激しすぎて、オマンコを切り取ってしまいたい、と言う女に風俗店で会ったことがあったし、それ以外にも少々の見聞はあるが、彼女らがレイプしたり強引に性交をしたりすることはまずない。それはまず、構造のちがいから、物理学的な原因がある。♂が♀に入れるのと、♀が♂に入れるのとでは技術的な面からも大きなちがいがあり、女は男が勃起していなければ挿入できないという大きなハンディをもっているし、(女がそんなことをするのはおかしい)という社会的制約もある。この書き方も問題を起こしそうであり、こういう内容自体が今はタブーになっており、よけいに閉ざされて、闇の中に隠され、ますますミスマッチが広がっている。

   男と女は異種であることから、ミスマッチは永遠のテーマになるであろうが、やはり、女は存在しているだけで男に最大の幸福を与え、また、そこには、可逆的な真理もある。

 

女とミニスカート。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-9 6:38

  一昨日は年金者組合の定期大会に出席するために、JRの電車に乗った。電車に乗るのと村から出るは二か月ぶりであったので、車内がめずらしく、見回すと、乗客たちは皆、マスク姿で、人の顔を見ることもしゃべることもなく、おとなしく座っている。三十年前は、こうではなかった。前に座った老男が人の顔を見まわし、特にわたしなど、好奇心に満ちて含み笑いをしながらみつめ、知り合いかと考えながら見返したものであったし、酔っ払いがえへら笑いをしながらバナナを食べていたが,それらは遠い昔の風景になってしまった。

 福間から乗客が増え、斜め前の席にミニスカートの若い女が座った。何か月もミニスカートの女を見たことがなかったので、自分の目線が周りに気づかれないように注視したが、誰も無関心のようであった。ピンクがかったワンピースの姿で、腿から足まではふくよかな脚線美で、顔は植毛眉毛で涼し気な気分をだしていた。しずかに目線をたくわえて、一点にすえていた。

 わたしは芸術品をみるように、露骨ではなくチラリ見をしていたが彼女はわたしなど眼中になかった。彼女は香椎駅で降りた。

 大会を終えて、帰宅すると、朝刊に男がスカートの中を盗撮してつかまり、された若い女は泣いていた、とあった。

 男の心理がわかった。珍しいものを発見した気持ちでシャッターを切ったのであろうし、男はこんな場合自分を誘惑するために短いスカートを履いていると勘違いし、それなら、と思い込んで手を出し、手痛いしっぺ返しを食らうのである。

 男と女は性の部分以外ではほぼ同じであるが、性の部分になるとやはり、異種である。能動的か受動的かの違いが基本にあるが、それが様々な誤解を生み、男は仕事を失ったり、犯罪者になったりする。女はほとんどの場合、ミニスカートの姿が美しくかっこいいから履くのであって、裸体をさらして誘惑しようとは考えていない。つまり、芸術的な視点なのである。

 女は性的なたくらみで誘惑することはないし、あくまで心から、好きとか嫌いとかで行為にすすむのであるから、そのあたりを誤解しないようにしなければならない。自分に好意があるかどうかは手をふれてみたり、あるいは握ってみたりすることから始める方が無難であろう。

いやよいやよは好きのうち。

カテゴリ : 
日記
執筆 : 
nakamura 2020-10-4 9:30

  この言葉は、十年ほど前は男たちの中で平気で使われていたのです。が、今、ここで書くのはそうとうな勇気を要することになります。真理を究明するためだと考えて、お許しを願いたい。抗議が出れば削除します。

 男として、以前からこのタイトルの内容が理解出来ず、女性との関係を持っていました。今は、わかります。女性の体を触り始めた場合、合意のある場合は問題はないのですが、そこがはっきりしない場合に、いやよ、という言葉を女性はだします。そこで踏みとどまれば良いものを、男の性エネルギーはそこから先にすすみ、女性の側は、快感に負けて、いいわ、という言葉に変わる場合がよくあるのです。たぶん、このミスマッチが性暴力ととらえられるのでしょう。

 いやよ、という場合、今はいやよ、ここではいやよ、という場合があり、一時的な言葉であり、それから先、二人は深く結ばれることがあります。男が若い場合、そこの判断が正確にできにくいのです。女性から、良いわ、という言葉が出れば、合意したではないか?と考え、後に問題になった場合、合意していた、ということになります。誤解と言われればそうですが、このケースが圧倒的に多いはずです。

 老人になったわたしにはこんなケースは全くなくなりましたが、いやよ、という言葉が出れば、その場で、いや、その前から引っ込んでいます。人畜無害な男になりましたのでご安心ください。

                    返信先 ypnyw594@ybb.ne.jp

 

 

 

 

ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

ブログ カレンダー
« « 2020 10月 » »
27 28 29 30 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アクセスカウンター
2020/10/28:35/186
2020/10/27:41/187

2020/09/28より399/9700