TOP
TOP : (銀ラメのハイヒール)を掲載しました。
投稿者 : nakamura 投稿日時: 2011-10-15 22:22:44 (1691 ヒット)

もともと映画が好きなのです。だから、小説を書くことは独力で、文字を頼りに映画をつくっているのとほぼ同じ行為です。自分でかってに作品世界に酔ってしまい、現実とはちがう世界で生きることが出来るわけです。その魔力にひきこまれて書きつづけてきましたが、ほとんど評価されたことはありません。悔しさを覚えた時期もありました。ついに文学老人と自称する歳になったわけですが、(レア・仲間)に入ったからには違う視点を発見しました。作家として若くして完成した場合、それから先の作品は延長線上のものしか書けません。ところがいつまでも未完成の場合はいつまでも冒険が出来、挑戦できるのです。もとより認められていないのだから失敗ということもなく、その怖さもありません。

これが(レア)なのです。

(レア)で行こうぜ!

 

銀ラメのハイヒール ⇒ こちらから


印刷用ページ このニュースを友達に送る

投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。